開催概要

study of super clone cultural properties

文化財保護法が制定されて70周年にあたる本年、
東京藝術大学で開発された高精度な文化財複製による展覧会を開催いたします。
日本を代表する文化遺産・法隆寺の焼損した金堂壁画や間近で鑑賞することができない釈迦三尊像をはじめ、
爆破されたバーミヤン東大仏天井壁画、保存のために一般公開が困難な高句麗江西大墓や敦煌莫高窟、
バガン遺跡壁画、切り取られ流出した後に戦火で失われたキジル石窟航海者窟壁画など
シルクロード文化財の再現・復元作品および映像を約50点展示いたします。
時空を超えて眼前に現れた貴重な文化財をぜひお楽しみください。
※展示作品はすべてクローン文化財・スーパークローン文化財。(調査研究に基づく再現・復元。部分・縮小の作品を含む。)

study of super clone cultural properties

スーパークローン
文化財とは?

東京藝術大学で開発された高精度な文化財複製である「クローン文化財」は、伝統的な模写の技術と最先端のデジタル技術に人の手技や感性を取り入れ、素材・質感・技法や文化的背景や精神性などの“芸術のDNA”に至るまでを再現したものです。現在は、オリジナルを超越する新たな価値を創造する「スーパークローン文化財」へと発展し、失われた文化財の再現など世界中の文化を継承する手段として期待されています。

制作中の様子

法隆寺 釈迦三尊像

 

法隆寺釈迦三尊像 中尊 [スーパークローン文化財]

釈迦三尊像の三次元計測。

バーミアン 東大仏天井壁画

 
大仏の写真

タリバンによる破壊前の東大仏。頭上に天井壁画が描かれている。
アフガニスタン・バーミヤン石窟群の世界最大級の大仏立像=1997年11月撮影
写真提供:ロイター=共同

制作の様子

縮小出力した壁画に彩色する。

バーミヤン東大仏 壁画 《天翔る太陽神》(部分)クローン文化財の写真

バーミヤン東大仏 壁画 《天翔る太陽神》(部分)
[スーパークローン文化財]

法隆寺 金堂壁画

法隆寺金堂壁画  第6号壁  焼損前再現

法隆寺金堂壁画 第6号壁 焼損前再現
(縮小版)[スーパークローン文化財]

同素材の絵具で彩色して仕上げる。

同素材の絵具で彩色して仕上げる。

東京藝術大学COI拠点公式YouTubeチャンネル

動画でもご紹介いたします。映像だからこそ伝わる臨場感、文化財の魅力をお楽しみください。

動画へのリンク画像

スーパークローン文化財 〜失われた文化を蘇らせる 東京藝術大学COI拠点

動画へのリンク画像

東京藝術大学COI拠点 成果発表 千住 明×SENJU LAB/東京藝術大学 クローン文化財~失われた刻の再生O.S.T.